顔髭を薄くする方法

顔髭を薄くする方法

顔の髭を薄くするには、食事や生活習慣を改善して男性ホルモンの分泌を抑えることがポイント。

顔の髭は薄くする方がモテる!?

男性の場合は、顔の髭が目立っていてもさほど違和感はありませんよね。男っぽさが強調されて、髭が好みだという方もいるでしょう。

しかし、最近はギンギンに男っぽいスタイルよりも草食系の爽やか男子のほうが好感度が高い傾向にあります。顔の髭が濃いと不潔な印象を与えてしまうこともあり、社会人としてもマイナスのイメージがついてしまい兼ねません。

男性の場合、顔の髭が濃い原因は男性ホルモンが大きく関係しています。髭を濃くするのはテストステロンという男性ホルモンです。そして男性ホルモンも加齢により分泌が低下しますが、5αリダクターゼという酵素と結びつくことで、より強力なジヒドロテストロンという男性ホルモンに変化します。これが年を重ねるごとに、髭が濃くなる原因であり、ハゲの因子の1つでもあります。

男性の顔の髭を薄くするには

顔の髭を薄くするには、まず男性ホルモンの分泌を抑えることが大事。薬に頼ったり特別なことをしなくても、食べ物に気をつけることによって、男性ホルモンの分泌を少なくすることが可能なのです。

例えば、肉類はタンパク質が豊富で男性ホルモンが多く分泌されるので、肉を食べる時は野菜の摂取量を増やしてバランスよく食べるようにすることが大切です。

また、豆腐や納豆に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンの成分とよく似ているため男性ホルモンの働きを抑制する効果が期待できるので、食事に積極的に取り入れるのがオススメです。

また、強いストレスも、男性ホルモンを増やしてしまう要因のひとつ。日頃から、気分転換をしてストレスを発散するよう気をつけることも大切なポイントです。

ただし男性ホルモンは、男性らしい体を作るのに欠かせないホルモンでもあるので、髭の薄さを取るか、たくましい体つきを取るか、悩ましい選択に迫られます・・・

まあ、なよなよした体でもいいという男性は少ないと思うので、男性ホルモンの分泌を抑えるという選択肢は、実質的にはないというわけです。

じゃあ、どうすればいいの?

という話ですが、濃い髭はより強力な男性ホルモンであるジヒドロテストロンによるところが大きいので、これを阻害する方法が1つです。

ハゲ治療で使われるのも、これ系ですね。

髭用のアイテムというものもあって、それがこれです。

↓ ↓ ↓ ↓

青髭の悩みに応える抑毛ローション「ゼロファクター」
https://cp.mandm-ltd.jp/

いわゆる抑毛ローションですが、濃い髭の原因である5αリダクターゼを阻害する成分が入っています。このゼロファクターを使い続けることで、濃い髭もだんだんと薄くなっていくというわけですね。

濃い髭の悩みにゼロファクター

顔の髭を薄くする、正しい髭剃りとは?

顔の髭剃りがうまくいかずに剃り残しの髭が残ってしまうと、髭が濃く見えてしまうこともありますが、そもそも髭の剃り方が正しくないと髭が濃くなってしまう、というのをご存知でしょうか?

髭を剃っている男性

髭を剃る際、肌に負担がかかってしまうような剃り方をしていると、肌は外部からの刺激から肌を守るために髭を増やそうと働いてしまい、髭が濃くなってしまうのです。

顔の髭を薄くするには正しい髭の剃り方を意識することも大切というわけです。

顔の髭剃りは、夜より朝が最適。さらに・・・

剃ったそばから髭の跡が見える青髭であっても、髭を剃る時間・タイミングというものを知っておくのは有用です。

なぜなら髭は常に一定に生えてくるのではなく、伸びる時間というものがあるからです。

さて。

実は髭は夜寝ている間は、ほとんど伸びません。伸びるのは朝起きてからの午前中の間だけなのです。

髭を剃る時間帯は、夜の入浴時という方も多いと思いますが、実は、朝の髭剃りの方がいいというわけです。

ちなみに髭が最も成長する時間は午前6時から午前10時。せっかく夜に剃ってしまっても、朝にはまた伸びてしまいます。

さらに肌は夜の10時から深夜2時頃に修復されるため、夜寝る前よりも朝めざめた時の方が肌の水分量が多く、元気。水分量が多く元気な肌の方が、カミソリ負けや肌トラブルも起こりにくく、髭剃りもスムーズです。

なので朝が良いわけですが、残念ながらそれだけでは足りないかもしれません。というのも朝剃ってもしばらくは生える時間なので、多少伸びてしまうわけです。

青髭のように濃い髭の人は、ここでもう1回。そうお昼休みに剃るというのがおすすめです。お昼に剃ってしまえば、あと伸びる時間がありませんので、その日一日スッキリ過ごすことができますよ。

それから朝の髭剃りの注意点が1つあります。起きてすぐは避けること。起きた直後は顔がむくんでいるので、毛が肌に埋もれているため深剃りがしづらくなります。

深剃りができないと剃り残しが出て、髭が濃く見えてしまいがちです。スッキリ仕上げる髭剃りのためには、朝、体を起こした状態で最低でも30分は時間をあけてから髭を剃るようにしましょう。

肌が弱く肌荒れしやすい人は、肌へのダメージが少ない電気シェーバーの使用がおすすめ。ただ、電気シェーバーは深剃りしにくいので、髭の伸びが早い人はカミソリタイプがおすすめです。

気になる顔の髭は、脱毛で薄くする!

好みもありますが、一般的には男性の顔の髭はない方がスッキリして清潔感があります。顔に髭がない方が接する相手にも好印象を与えるので、社会にでると特に髭が濃いことがマイナスになってしまうことも少なくはありません。

顔の髭を薄くするには、食事や生活習慣の改善で男性ホルモンを抑制する方法もありますが、まずは脱毛クリームを使ってみるのも手っ取り早い対処法のひとつ。

脱毛クリームを毛に塗って数分すると、クリームの成分で毛が分解され、後は水で洗い流せば簡単に毛が無くなります。

カミソリで剃る方法はカミソリ負けなどで皮膚を傷つけてしまう心配がありますが、脱毛クリームならその心配もありませんし、剃るよりも深く毛を処理できます。

抑毛ローションとの併用で、髭を薄くする効果アップ

髭剃りの後に肌を保護するために使うアフターシェーブローションにも、最近は抑毛効果のあるローションが出ています。

抑毛ローションには毛の成長を抑える成分が入っており、即効性はありませんが使い続けることで徐々に髭が薄くなっていきます。

濃い髭を抑える秘密

体質などによる個人差はありますが、だいたい1ヶ月ほどで毛が細くなってきます。脱毛クリームで顔の髭を除去した後に抑毛ローションを使用して髭の成長を抑えることで、顔の髭を薄くする効果がグンとアップします。

特に、「青髭」で悩んでいる方には、抑毛ローションがおすすめ。青髭は、皮膚の中に埋まっている太い毛が透けて見えることによるものなので、抑毛ローションで髭を細くすれば、気になる顔の青髭を薄くすることが可能です。

↓ ↓ ↓ ↓

青髭の悩みに応える抑毛ローション「ゼロファクター」
https://cp.mandm-ltd.jp/

顔の髭が濃くなるのは生活習慣にも関係あり

ホルモンバランスが乱れてくると髭が濃くなってくことがありますが、ホルモンバランスの乱れは、加齢だけでなく生活習慣も大きく影響しています。濃くなってしまった髭を薄くするには、まず生活習慣をチェックしてみましょう。

●睡眠不足
睡眠不足は美容の大敵、と言われますが、ホルモンバランスが乱れる原因の1つでもあります。夜はできるだけ6時間以上の睡眠をとるようにし、睡眠の1時間前にはテレビやパソコン、スマホ等は使用せずからだを休めてリラックスさせるのが理想的です。
●偏った食事
食事の時間や内容が不規則だったり栄養が偏っていたりすると、ホルモンバランスのみだれを引き起こすことがあります。できれば1日30品目の摂取を目標に、バランスの良い食事をとるように心がけましょう。
●タバコ
喫煙はできるだけ控えたいもの。しかし急に無理な禁煙をするとそれが大きなストレスとなって、ホルモンバランスの乱れに拍車をかけてしまうこともあるので少しずつ量を減らしていくことで体を慣らしていくことがポイントです。

女子なのに顔に髭! 薄くするには?

顔の髭、というと男性のことを考えがちですが、女性にも顔の髭が濃い人はいます。男女を問わず顔には産毛が生えていますから、それが人によっては濃く目立つ場合があるのです。

女性の顔の髭も、男性の場合と同じように濃かったり薄かったりなど生まれつきの個人差がありますが、加齢によるホルモンバランスの乱れ等が原因でだんだんと濃くなってくることもあります。

男性ならともかく女性の場合は、顔の髭が目立ってしまうのは一大事。なんとか薄くする方法を知りたいものですよね。

まとめ

髭の濃さを決めるのは男性ホルモンであることが分かりましたね。

男性ホルモンについては食生活、運動、生活習慣を見直すことである程度コントロールすることができます。

ただ男性ホルモンは男性らしさを作るのに欠かせないホルモンであるので、これを抑えるのはおすすめできません。

なので、濃い髭を作ってしまうプロセスを邪魔する抑毛ローションが1つの解決手段になります。

濃い髭で悩んでいるなら、あなたもぜひ1度、ゼロファクターを使ってみてくださいね。

 

薄くする方法はいろいろ!
カテゴリ